2009年12月27日

BROOKLYN

花見川バンドの次回候補曲にアタシがプッシュしております
BROOKLYN……SteelyDanのファーストの中の曲です。

以下、スライドショーですが……



なんたってこのバンドの強みはラップスチール/ペダルスチールの
仙川氏がいることなんだから、この隠れた名曲をやらぬテはない、と
思うわけですな。そして新たな発見、こんなバージョンもあったとは……

(完全に画は動きませんが……)



クレジットを見ると74年、ロンドン・レインボーシアターでの
ライブとある。ほんまかいな……
さらに驚くのがクレジットで、

Donald Fagen - piano, vocals
Walter Becker - bass
Jeff Baxter - guitar
Denny Dias - guitar
Jim Hodder - drums
Jeff Porcaro - drums
Royce Jones - percussion, vocals
Michael McDonald - electric piano, vocals

ほ、ほんまかいな……


・補足・
その後、SteelyDanのオフィシャルWEBのTimeLine
というコーナーを見ると、確かに!
73年、最後のツアーに出て、その時のメンバーは
このBrooklynを歌っているロイス・ジョーンズの他に
マイケル・マクドナルドとジェフ・ポカーロがいた、と
書いてありましたーー……
posted by nurhati at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MSG & TARKUS

突然つまんない話題で復活したりして……

いや、近所に立ち食いそばチェーンの某店があるんですけど、
最近、仕事・私用と2回ほど、出がけに、腹減りそうだから
軽くそば食って行くかと、そこはキッパリ、ノーオプションで
かけそば食って出かけたことがあったんですよ。

それから駅までしばらく歩いて電車に乗って気付く。二度とも。
「なんか、オレ、そば臭いなあ……」
そば臭い、じゃなくて、そばつゆ臭い、というか。
なんか全身からそばつゆの臭気を発しているような。
シャツの内側に顔突っ込んで匂いを嗅いでみるとあまり
そんな感じではないんですが、なんか、身体のどこからか
臭気を発しているような気がする。
なんたって二度目なんかシャワー浴びて直後に家を出てるん
ですから、突然そうなったとしか思えない。
周囲の人になんか、とても申し訳ないような恥ずかしいような
気になる……。

でね、思い出したんですけど、若い頃似たようなことがあった。
なんか、ある種の食い物食ったあとに突然体臭がおかしくなる、
というようなことが。で、その時はあれこれ食べたモノと
現象の発生の関係からその原因を考えまして……

「うまみ調味料を一定量食うとオレはそうなる」

と結論してたんですよ。
その後しばらくそういう体験が無かったので忘れてたんですが
思い出しちゃいました。同じ現象。同じ臭い。
どうなんだろあのそばチェーン。大量に投入してたりすんのかな。
とにかく、出がけにその店はやめようと思いました次第。

* * *

先日22日、五反田のお店で花見川バンドの一員として叩き納め。
打ち上げの席でそばに座った対バンのキーボード氏というのが、
実はお目にかかるのは20年以上ぶりのコピーライター氏。
ふと漏らした一言が、
「いや最近タルカスなんか聴いちゃっててさ……」
いや何と奇遇!アタシも数日来ずっとタルカス聴いてたのでした。
はい、そこでタルカスです。
エマーソン・レイク・アンド・パーマー。
これが72年の来日公演。懐かしい……!!



そしてこんな演奏があったとは……1992年演奏のタルカス。

ject>

悲しいなあ……

こうなってしまわない、どんなにジジイになっても
スピード感を失わないバンドというのは存在しないのか……

しないんだろうなあ
posted by nurhati at 03:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

LIVE13 ご報告

(以下通信65のコピペです・すんません)

============================
どうもありがとうございましたーー!!
============================

6日土曜日の第13回ライブ、無事終了いたしました!
ウズベク戦と命中していたにも関わらず!
(でもアウェーだったので試合開始は遅かったんですが)
お天気も心配な気配だったのにも関わらず!
(でも午後には止んでくれたんですが)
何と、「過去最多」のお客様にお越しいただきました!!
ちょうど良い具合な満席にすることができました。
いやホントに感謝感激です!ありがとうございました!!
それも皆さん、出足が早かったのに驚きました。
フロントアクトをお願いした花見川バンドの頃にはすっかりお揃いで。
いやー、有り難かったです!

内情を申し上げれば、もっと気楽な感じで演奏できると思っていた花見川ご一行、
埋まった客席にすっかりド緊張となりまして
(ブラックローズ姉さんはひとり「ワクワクするわー」とご満悦)
さらに演奏寸前に到着されて最前列に座った松原正樹大先生の姿でもう緊張の頂点へ。
でも、録音を聴いてみるとなかなか良い演奏だったんですけどね。
で、なんだかそのド緊張が我々BEEFにも伝染しちゃったようで
内山五百川ともにいつも以上にミス連発で。
ちなみに森谷はキッチンで忙殺されて緊張する余裕もなくステージへ。
ちゃんと手を洗ってきたのになんか手が油でベタベタしてヤだなあ、と
思いながらやってたそうでありますが。
まあ、そんな状況だったのですが、我々もだんだんちょっとはマシなバンドになってきたのか、
そんなミス連発も我々が自分で気にするほど表だってはいなかったようで、
立ち上がって踊ってくれている皆さんを視界の隅に、
たくさんの声援をもらいながら演奏するのはとても幸せな時間でした。
前回に続いて、ラストでは松原さんが登場してくださいまして
(無理矢理ですけど……毎度すいません!!)
謎のギタリストとのギター合戦、きっとお楽しみいただけたのではと思います。

今回、内山の「授かっちゃいました記念」に、初の試み、打ち込みを録音したものと
せーので合奏するというのをやってみたんですけど、
どうだったかなあ……是非感想を伺いたいところです。

五百川個人的には……
「ワザの無い俺は一生懸命なとこを見せるしかない」ってわけなんですけど
最後の最後にはガス欠となりまして、くそーもう手が動いてくれねー、という有様で。
「ドラマーは絶対に疲れてはいけない」という先輩ドラマーの言いつけを
またも守れない結果となりました。ホントに、次回こそ何とかしなきゃ……。
でもライブ終了後、ドラムのことで声をかけてくださる方が何人もいらっしゃって。
ちょっとグッときちゃいました。
全開でやってました、ってことは感じてくださったのかなあ、と思いながら
打ち上げ会場ではちょっぴり飲んだだけで始発まで熟睡という毎度のパターン。

まあ、そんなこんなな13回目のライブでございました。
お越しくださった皆様、本当にありがとうございました!!
ちょっとひと休みの後、また次回に向けて準備を始めます。
ではでは、また次回のお知らせまで……



BEEF HP (NEW)
http://web.me.com/nurhati/BEEF/BEEF.html
(ライブの映像など公開するときにはこちらでご案内します)
posted by nurhati at 04:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。