2008年11月29日

WILLIN'

25日は六本木STBでの松原正樹さんの30周年記念ライブを
撮影してきました。
前2日間のリハーサルにも予習のためにお邪魔したので
なかなか得難い経験をさせてもらいました。
何たって松原夫妻に、今 剛、井上鑑、岡沢章、斉藤ノブ、
ボーカルには佐藤竹善ほかそうそうたるメンバー!
そしておっさんドラマーとしてもうたまんなかったのは
リハーサル中、今回のドラマー・渡嘉敷祐一さんの
真後ろに(全く遠慮無し)へばりついて演奏を見られた&
聴けたことで。いやー、役得じゃったー。

古い話ばかりで渡嘉敷さんには恐縮なのですが、
大昔(たぶん76年頃)、渡嘉敷さんがギター土方さん達と
一緒にやっていたASOCAというバンドがイーストウエストで
グランプリを取った直後に、習志野市民会館なんてとこで
ライブを観たことがあって。あまりの演奏に……腰抜けました。
ジェフ・ベックの完コピとかやってたなあ。
その後、もう一度強烈に「渡嘉敷祐一!」と思ったことがあって、
それは吉田美奈子さんの「モノクローム」というアルバムでの演奏で。
なんてカッコいいんだろう……!とシビれてたんですわ。
(調べてみるとこれは80年のアルバム)

その渡嘉敷さんの真後ろにへばりつき。
何が「来ちゃった」かというと、物理的に真後ろ至近距離に
いないと体験できないこと……動作とかじゃないです。
渡嘉敷さんがどういう音を聴きながら演奏しているのか、と
いうことが体験できちゃった!ということで。
客席でじゃなく、PA通した音じゃなく、どういう自分の生音を
聴きながら叩いているのか、と。
これ、まったく自分に置き換えて考えられるじゃないですか。
いやー……何というか、すげえ「音像」でした、という感じ。
音圧、粒立ち、全部が強烈に気持ちよかったぁー。
今後は、あの感覚に少しでも近づけるように、
叩いてる自分の前面にあの「音像」が作れるように、
頑張ろう!と思いました次第。

ところが、BEEFは12月はお休みなんす。
ベース森谷君が全く身動きが取れないので。
あらまあ、と思ってましたら、前回ライブを観に来てくれた
仕事上の知り合いのみなさんが、五百川ドラム叩いてくれ、と。
完全にお世辞だと思いますが、僕のドラムを聴いて
このドラムでやりたい!と俄然バンドをやる気になっちゃったそうな。
で、12/14に荻窪ルースター(のたぶんノースサイドというとこ)に
出ます!と。ホントですか〜。
もちろんコピーバンドなんですけど、現状候補リストは全8曲。
親分がカントリー、フォーク系がお好きな方なんで
アコギにペダルスチール(これが楽しみ)が入る構成で
CCRやCSN&Yはさておき、The Band、Eagles、Little Feat
なんてのが入ってる。本気ですか〜……
なんたってアタシのドラム経験というのはBEEFが全てで、
他ジャンルの引き出しゼロなわけで……。
クローズのリムショットもまともにできないんですけど……。

「そういうウタもんは難しいぞー、いひひひ。
 でも練習になっていいじゃん」と松原さん。

で、明日が第一回の練習。一夜漬けで候補曲、繰り返し聴いてます。
まあ……基本的にできることを音量ちっちゃめでやるかぁ的な。
しかし、ロウエル・ジョージが居ないといってもLittle Feat……
なんてカッコいいんだろ……完璧だなあ……「Willin'」
これをカッコ良く叩きたいなあ……。

そんなわけで渡嘉敷さんの音と姿を思い出しつつ
やってみようと思っております次第。
あ、もう朝だ……
posted by nurhati at 05:58| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。