2008年02月28日

Half Time Shuffle

名前を出しちゃった以上、バーナード・パーディー先生にも
登場していただきましょう。
でも今回は先生の話じゃなくて、ハーフタイム・シャッフルの話。
探しました見つけました、YouTube上で。

ハーフタイム・シャッフル。
ほんと、どーしてもできないんですよこれが。
いつかはこれが叩けるようになりたい。
叩けるだけじゃなくて、こういう風に叩けるようになりたい。
どんなリズムか、って論より証拠の三連発です!

ジェフ・ポカーロ、ジョン・ボーナム、
そしてバーナード・パーディーです。
僕の好きな……尊敬する……神様……3人。
そう思っていたのでこのジェフ・ポカーロの解説を聞いたときには
なんか、涙が出ちゃったものです。

TOTOの「ロザーナ」のドラムパターンは、
バーナード・パーディーとジョン・ボーナムのパターンを
組み合わせて作ったのだ、というご本人の解説付きで、まずどうぞ!

ジェフ・ポカーロのハーフタイム・シャッフル!

次は、絵がないのですが音だけでも充分。
レコーディングスタジオからの流出テイクです。

ジョン・ボーナムのハーフタイム・シャッフル!

そして……こうして考えると現在ご存命なのは先生だけ。
この映像、絵も音もひどいのですが、でも雰囲気は充分お分かりいただけるのでは。
先生、是非是非、長生きしてくださいー!

バーナード・パーディーのハーフタイム・シャッフル!


あー…… 練習しよう…… それしかない。

three.jpg
posted by nurhati at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

David T. Walker

いやー、見つけたー。
あんまり嬉しいので載せちゃいます。
この曲のDavid T. Walker、最高です!
このライブのビデオ、持ってたんですけど
「好きだから人に貸す」→「そのうち誰に貸したか分からなくなる」
といういつものパターンで、行方不明なんです。
バーナード・バーディー先生名義の93年来日公演。
でもこの曲に関してはもう圧倒的に、David T. Walkerです。
(同じギター売ってないか探しに行ったっけなあ……。)

YouTubeなんで絵が飛んじゃうのが惜しいですけど、
後半の長ーいソロ(ホントにひとり)を是非ぜひ見てみてください。
David T「節」全開、そしてこの表情……!!
楽器を歌わせるって凄いことです。

あーくそー、こういうジジイになりたい!
はい、What's Going On です! どうぞー!!
posted by nurhati at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。