2008年02月21日

FLASH

Flashのお勉強がてら、BEEFのHPのFlash版を作ってみました。
見た目、今までのモノとあまり変わらないと思いますけど。
皆様の環境&ブラウザで無事に見られるかな……


先日、ちょっとした理由などもあり、いま国立博物館で開催されている、
陽明文庫創立70周年記念特別展「宮廷のみやび―近衞家1000年の名宝」
なるものを見に行ってきました。

いやー何とまあ、国宝重文重美メジロ押しで凄いものでした……
以前ちょっとだけ万年筆に興味を持った頃、ひとの書く文字に
興味が湧いてきまして、本当に上手な人の書を肉眼で見たいもんだなあと
思っていたのですが、今になってやっと実現したような。
それがもう、聖武天皇から藤原道長から定家から空海から西行から
小野道風から紀貫之から後鳥羽上皇から……もう、歴史の教科書で
名前を見たような人の書がずらっとです。「実物」です。
書のことは分からないんですけど……、
何たってとにかく全く読めないのが悲しくなっちゃうんですけど……、
とにかく「凄いなあ……」とため息ばかり。
個人的には「藤原家煕(いえひろ=本当はひろの左ににすい)」という人、
特にすげーなあ、と思いました。
まあその「すげー」人なので展示物も多かったわけですが。
研究用に古の名人の複写をやったりしてるんですけど、それが墨の濃淡から
勢いがついて筆先が割れたなんてとこまでいわゆる「完コピ」してるものが
原本並べて展示してあったり。
今も昔も名人の技をマスターするには「完コピ」なのかあ、と。
しかしその「完全」ぶりに開いた口がふさがらない的。
おまけにこの人、絵も凄かったり。
いやー実に……本当に奥深いものです、筆と墨でできること。

長い展覧会だったのですが、いよいよ今度の日曜で終わってしまいます。
お時間のある方は是非。
……でも展示物の性格上、平置きされてるものが多くて、そこに
おじちゃんおばちゃんがへばり付いて解読を試みるわ談義が始まっちゃうわで
見て回るのが(平日でも)なかなかホネでありました。
posted by nurhati at 18:36| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。