2007年09月26日

ライブ盤

いやあ、ずいぶんご無沙汰してしまいました。
ちょっと自宅引きこもり作業が続いてたりしまして、
ちょっと間があいちゃうと復帰しにくくなるもんですなあ。
まそんなわけでリハビリ的に……また重箱の隅的な話になりそうですが。

先日、知人と飲んでまして、お互い「昔からライブ盤が好き!」って
話になりまして。じゃあ、ちょっとオススメな感じを選んでみますわ、と。
で、リストアップしてみたのは以下のような感じで……

Earth Wind & Fire / Africano/Power
ZZ TOP / Thunderbird
The Police / Synchronicity I
The Allman Brothers Band / Sailin' 'Cross The Devil's Sea
Grand Funk Railroad / Are You Ready~Mark Says Alright-TNUC
Little Feat / Texas Twister
Rory Gallagher / Tatoo'd Lady
Tower Of Power / What Is Hip?
King Curtis / Memphis Soul Stew
The Brecker Brothers Band / Some Skunk Funk
James Taylor / Your Smiling Face
Average White Band / Pick Up The Pieces
Jimi Hendrix / Little Ivey
Yes / Siberian Khatru
King Crimson / 21st Century Schizoid Man
Pink Floyd / Comfortably Numb
Tatsuro Yamashita / THE WAR SONG
Genesis / Dance On A Volcano-Los Endos

どうでしょうか。ホントいろいろごちゃ混ぜですけど。
しばらくぶりに聴くものも多かったりしまして。
面白いなあと思ったのは当時のZZ Top。
この曲はまあ……なんと申しますか、ハイスピードのブギーという
感じなんですけど、これ、あらためてよく聴いてみると
ベースとギターが完全に前に行ってガンガン引っ張ってるんですね。
ドラムは極端に言うと……六連……ひょっとすると
三連のひと玉くらい重いところにいる。
ベースが前に行ってると言うべきかドラムが食い止めてると言うべきか。
この感じが「真似できない」とこなんだろうなあ。
了解済みのそのズレでノってる、みたいな感じ。
逆で面白いのはPoliceで、この曲はバックでシーケンサーが鳴ってる曲ですが、
これはもう明らかにスチュアート・コープランドは前にいます。
ずっと前ノリな番地をキープしてる。
しかしこの人の場合、ブート盤的なもののライブだと
「前ノリ番地キープ」じゃなくて「突っ走りまくって空中分解」的な録音とか
ありますけどねー。ま、大好きなんですけど。
アースは……ベースが前ノリ的に行ってるのがこの疾走感への貢献・大かなあ。
来日公演時にずいぶん「手パク」とか騒がれたバーダイン・ホワイトですけど、
(真偽のほどははて……踊ってるだけのときもベースが鳴ってたとかなんとか)
このライブでも別人が弾いてたんだとすると、影武者君としてはずいぶんとまた
主張の強い奴だなあ、と思います。影武者なら無難に行きますよね。
きっとこういうベーシストなんでしょう、バーダイン・ホワイト。

などなど、バンドっていろいろだなあと思ったりしておったのでした。
4曲目以降をネタにこんな話が続くかな……どうかな。
posted by nurhati at 03:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。