2007年09月28日

男鹿和雄展

夏休みからの懸案事項だった男鹿和雄展(東京都現代美術館7/21-10/1)というのに
行ってきました。(休み中に一度行ったんですが入場まで90分待ちと言われ、メゲて
退却したんでした。)
http://www.ntv.co.jp/oga/
長くやってたんですがいよいよ最終週、見る気ならここで行かねば、というわけで。
休みは終わってるし平日だしで90分待ちまでは行くまい、と。
それでも1時間くらい待ったかな、入り口で人数をコントロールしながら入れてまして。
えー男鹿さん、ひとことで言っちゃえばジブリの諸作品の背景画を描いてる人ですね。
アタシはジブリのマニアではありませんがまあ一応は見ておりまして、その背景は
常々綺麗だなあと思っておりました。トトロとかね。

いやあ、いい展覧会ですよ。って、もう終わっちゃうのですが。
とても丁寧な展示。点数が凄いですし、元になったスケッチなどの資料も豊富。
仕事場の机まで再現してあって実際お使いの筆なども並んでいます。
で。肝心の絵、これも凄いもんで……感動しちゃいました。
こりゃあ客足落ちないわけだわい、と。

絵がねー……
いやもう、ここまで描いてあるのか、と。
昔から映画では絵と実写を合成する技術があるのですが、それに使う絵は
かなり「荒く」描くのがむしろミソなんですね。
細かく描写しすぎると実写となじんでくれないんです。
んなわけで、ある部分かなり意図的に荒く描いてるのかなあと思って
行ったんですけど……いやーすっげー書き込んであるんです。
遠景の小さな東屋の窓枠の厚みなりに日が滑ってるなんてとこまで、
うわー、俺、結構老眼来てるなーと痛感するくらいの細かさで描いてある。
いったい一作品でこういうのを何枚描いてるのか……
ちょっと前に引きこもって紙芝居に毛の生えたレベルの動画作ってて
その程度でひーひー言ってた自分には気の遠くなるような一枚。
その超こまかいとこを面相とかじゃなくて太い筆の穂先で描いちゃう
というのも絶句!

でもね、凄いのはそういうディティールもさることながら
光と空気、ですなあ。温度湿度まで感じます。
今にも沈もうとしてる夕日に雲がかかって光ってる……おおホントに光ってる!
古い学校の廊下の突き当たり遠くで光がにじんでいる窓……を映す
磨かれた床板……
おとといのお月見、群雲の隙間から顔をのぞかせた月を見ながら、
「これは絵で描くとしたらどんな風に描けば……」なんて思いながら
夜道を歩いていたんですが、まさにその月がここに……!
ぼんやりと雨に煙る田園の朝、カリーンと快晴の雪景色、竹藪越しに
差し込む夕日、苔むした森の奥に絡まる大木の根……
いやもう、どう描けばこういう世界が実現できるのか、へばりついて
見ちゃいました。普通、家族で展覧会に行くとアタシは見たいものだけ
どんどん見て出口で家族を待つというのが毎度なんですが、今回は
家族を待たしちゃったんでした。

当たり前ですがデッサン力たるや恐るべしで、となりで見ていたカップルが
「もうこのデッサンだけでお腹いっぱい!って感じねえ」などとつぶやいて
ましたけど、資料はあれども架空の風景のパース遠近感を描ききる腕力。
坂の上から眼下に広がる港町、鳥瞰した半島にこじんまりと建物が並ぶ街、
それら全てに設定された太陽が及ぼす影が間違いなく落ちてる……

いやあもう、ある意味吐きそうでしたわい。

でもね……それだけの腕前の人が……なんで人物描くとダメなのかなあ……。
展示の後半で、最近個人的に描かれた絵本とかリミテッドな動画とかがあって
そっちでは人物も描いてるんですけど……なんか魅力ないんだなあ。
デッサンも何か変……天は二物を……的なことなのか。

ま、そんなこんな。
絵に興味ある方でしたら絶対行って並んで損のない展覧会……すげーです。
って……もう終わっちゃうんですけど。すんません。
東京のあと、どこか地方を回るのかな……
posted by nurhati at 09:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

ライブ盤

いやあ、ずいぶんご無沙汰してしまいました。
ちょっと自宅引きこもり作業が続いてたりしまして、
ちょっと間があいちゃうと復帰しにくくなるもんですなあ。
まそんなわけでリハビリ的に……また重箱の隅的な話になりそうですが。

先日、知人と飲んでまして、お互い「昔からライブ盤が好き!」って
話になりまして。じゃあ、ちょっとオススメな感じを選んでみますわ、と。
で、リストアップしてみたのは以下のような感じで……

Earth Wind & Fire / Africano/Power
ZZ TOP / Thunderbird
The Police / Synchronicity I
The Allman Brothers Band / Sailin' 'Cross The Devil's Sea
Grand Funk Railroad / Are You Ready~Mark Says Alright-TNUC
Little Feat / Texas Twister
Rory Gallagher / Tatoo'd Lady
Tower Of Power / What Is Hip?
King Curtis / Memphis Soul Stew
The Brecker Brothers Band / Some Skunk Funk
James Taylor / Your Smiling Face
Average White Band / Pick Up The Pieces
Jimi Hendrix / Little Ivey
Yes / Siberian Khatru
King Crimson / 21st Century Schizoid Man
Pink Floyd / Comfortably Numb
Tatsuro Yamashita / THE WAR SONG
Genesis / Dance On A Volcano-Los Endos

どうでしょうか。ホントいろいろごちゃ混ぜですけど。
しばらくぶりに聴くものも多かったりしまして。
面白いなあと思ったのは当時のZZ Top。
この曲はまあ……なんと申しますか、ハイスピードのブギーという
感じなんですけど、これ、あらためてよく聴いてみると
ベースとギターが完全に前に行ってガンガン引っ張ってるんですね。
ドラムは極端に言うと……六連……ひょっとすると
三連のひと玉くらい重いところにいる。
ベースが前に行ってると言うべきかドラムが食い止めてると言うべきか。
この感じが「真似できない」とこなんだろうなあ。
了解済みのそのズレでノってる、みたいな感じ。
逆で面白いのはPoliceで、この曲はバックでシーケンサーが鳴ってる曲ですが、
これはもう明らかにスチュアート・コープランドは前にいます。
ずっと前ノリな番地をキープしてる。
しかしこの人の場合、ブート盤的なもののライブだと
「前ノリ番地キープ」じゃなくて「突っ走りまくって空中分解」的な録音とか
ありますけどねー。ま、大好きなんですけど。
アースは……ベースが前ノリ的に行ってるのがこの疾走感への貢献・大かなあ。
来日公演時にずいぶん「手パク」とか騒がれたバーダイン・ホワイトですけど、
(真偽のほどははて……踊ってるだけのときもベースが鳴ってたとかなんとか)
このライブでも別人が弾いてたんだとすると、影武者君としてはずいぶんとまた
主張の強い奴だなあ、と思います。影武者なら無難に行きますよね。
きっとこういうベーシストなんでしょう、バーダイン・ホワイト。

などなど、バンドっていろいろだなあと思ったりしておったのでした。
4曲目以降をネタにこんな話が続くかな……どうかな。
posted by nurhati at 03:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。